注目

映画の紹介

全国各地の高校を舞台に日本一マイナーなスポーツ「カバディ」を通して繰り広げられる、エンターテインメント映画です!!

毎度設定は異なれど、旬な若手俳優が織り成す熱く、泥臭い青春模様に注目です!!

 

カバディとは?

インドで発祥し、南アジアで盛んな競技。各チーム7名がコートに入り2チームで争う。
攻撃側と守備側に分かれ、攻撃側の一人が「カバディ、カバディカバディ・・・」と連呼しながら
守備側の選手にタッチし自陣に戻ることができれば得点になる。
一見シュールだが元来は獣と闘うための技術がスポーツとして発展したものであり、集団格闘技とも称される。

 

あらすじ

高校バスケットボール界の花形選手として活躍していた牧野竜一だったが 自己中心的な性格が災いし 、暴力事件に巻き込まれバスケ部を退部させられてしまう。

そこへ謎の美少女ひなたが現れ カバディで日本代表を目指さないかという誘いだった。

初めは相手にしなかった竜一だが、個性豊かな仲間達やカバディの奥の深さに惹かれていき 本気になり始めるのだったが・・・。
シンプルだけど奥が深い”カバディ”にのめり込んで行く男たちの熱い物語が
今、始まる。

 

スタッフ

監督・原案 :小原 剛

脚本 :大浦光太

音楽:中川 孝  撮影:伊東伸久
照明:小坂 卓  録音:岩倉雅之  編集:金田昌吉
衣装:松本達也  ヘアメイク:コウゴトモヨ  キャステイング:EIKI

カバディ指導: 河合陽児(一般社団法人カバディ協会)
助監督:小泉 剛  製作担当:三島翔一

企画 :村田 亮

製作 :佐伯寛之/菅谷英一/小原 剛

 

毛深いとケアが大変!

小さい頃から毛深くて、とてもコンプレックスを感じていました。小学生時代、友達からは毛深いことをバカにされたりもしました。

特に言われてショックだったのは、「指に毛が生えていて変」「背中が毛深すぎて原人みたい」といった一言です。本当に傷付きました。

バカにされて悔しかったので、その当時からムダ毛処理をするようにしていました。
ただ、当時のムダ毛処理の仕方は最悪でした。

安い剃刀を使っていましたし、剃った後の肌のケアも全くしていませんでした。誤って肌を切って血が出たり、肌が荒れたり乾燥したりと、かなり肌に負担をかける処理の仕方でした。

そのような処理をし続けていると、余計に毛深くなったように感じてきました。剃れば剃るほどムダ毛が濃くなっていくような気がして、本当に悩んでいました。

剃って毛が濃くなるように感じるのは、毛穴が色素沈着で黒っぽくなってしまうからなんですよね。色素沈着は肌荒れが原因で起こるので、きちんとケアせずに剃り続けたから毛穴が黒ずんで、毛深くなったように感じていたんですね。

でも、高校生くらいまでは色素沈着なんて言葉も知らなかったので、ずっとずさんなムダ毛処理を行い続けていました。

そんな時代を経てアラサーの今では、肌に優しい剃刀を使って、シェービングクリームを塗りながら丁寧に処理するようになりました。もちろん剃った後は、ローションで保湿します。

きちんとケアするようになったことで、剃った後の肌荒れ・乾燥・色素沈着も改善して、スベスベの肌を手に入れることができました。

ただ元々が毛深いので、ケアをこまめに行わないといけないのがとても大変です。年齢を重ねるほど、ケアにかける時間を短縮できなくなってきたのが最近の悩みの種です。あまり毛深くない友達が羨ましく思います。

お金に余裕もでてきたのでレーザー脱毛に通おうと考えています。脱毛サロンより効果があるって聞いたので。会社のある新宿で良さそうなクリニックを探しています。(参考:http://xn--wckwfybb9485cjqm1fkp46b.com/)

とにかく毛が濃い私

私がムダ毛で困っていることは、第1に体毛が濃いことです。
体毛が濃いことによって、処理をせざるを得ない箇所が増えたり処理の頻度が多くなるのが悩みどころです。

例えば、指や手の甲など日常生活(例えば買い物していてレジでお金を出すときなど)で気になることが多く、処理をしようと思っても、処理の箇所が多いため時間がかかってしまいます。
体毛が濃い、ということで顔のムダ毛も気になっています。
口元の産毛が目立って来たり、眉毛が「ゲジゲジ」になってきたりと、人に会う時見られる部分なので、処理を頻繁にしていますが、面倒です。

また背中の産毛なども目立つので、夏などの露出が増える時は、目立たないように気を付けています。
足などの特に体毛が濃い部分は、処理をしても一晩すればすぐにザラザラと生えてきて、困ります。

第2に、肌が弱い事によってどんな処理でも肌が荒れてしまうことに悩んでいます。
カミソリでのムダ毛処理は、手軽ですしよく行いますが、処理した後の毛穴がポツポツと赤くなり、見た目も悪く、かゆみもあります。
脱毛テープや毛抜きでのムダ毛処理は、処理の頻度が減っていいのですが、跡になったり埋もれ毛になったりします。また痛みも伴うので、少し抵抗があります。
除毛クリームも考えたのですが、クリームが肌に合わないことがまれにあり、またお店での脱毛は金銭面で心配で、処理の方法の選択肢が限られてきます。
処理をしてもしなくても、見た目が気になるムダ毛に悩んでいます。

第3に生活や性格に少し支障が出ることも悩みです。
例えばムダ毛の処理をしてツルツルの足にしても、肌の抵抗が増えタイツやストッキングなどが着用しづらくなり、時間が取られてしまい朝の忙しい時間には大変やっかいです。
また肌が弱い事から、できれば腕などは処理したくないのですが、以前、処理をしないでいた時、知らない人に話題にされ、ムダ毛やその処理がコンプレックスになりました。

一生ムダ毛に苦しむのも嫌なので、ついに脱毛に通おうと考えています。私が住んでいるはっせん三浦代市にはあまり脱毛サロンが無いようなので、横須賀市のサロンに通おうと思っています。このサイト(http://datumoyokosuka.com/)で横須賀市の脱毛サロンを調べています。

早くコンプレックスとサヨナラしたいです・・・